Talkman® 対 RFスキャナー

キムは、とある倉庫で働く品揃え担当者です。スキャナーを使った現時点ではかなり先進的な出荷作業をこなしています。そのキムに Talkman® といっしょに出荷作業を行ってもらいました。同じ出荷作業を従来のスキャナーでも行ってもらい、その作業スピードの違いをご覧いただきます。

キムと Talkman® の出荷作業は、以下のルールで行うようにプログラミングされています。

Talkman® は、キムに倉庫の棚番号と出荷数量を伝えます。該当する棚には、棚番号の他に2桁のユニークな番号が貼られており、キムは目的の棚にたどりつくと、その番号を Talkman® に伝えます。Talkman® は、その番号が目的の棚番号に対応した番号であるか否かを判断して、指示した数量と、その商品番号の下4桁を伝えて、キムにその反復を要求します。キムが応答した商品番号下4桁が正しければ、次のセクションへの移動を指示します。キムが了解応答をするまで、Talkman® は次の棚番号をキムに伝えません。